日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2016年6月1日水曜日

6月の星空だより

とこんばんは。

6月と言うのになんか爽やか。
気持ちの良い風が吹いています。
そろそろホタルも出ているらしい・・
あなたはもう、見ましたか? ホタル・・

さて、多良星空クラブの吉田さんから定期便「6月の星空だより」が届きましたよ。

こんばんは。多良星空クラブの吉田です。
そろそろ梅雨に入る季節ですね。
星がなかなか見れなくて辛いのですが、晴れれば木星、火星、土星が同時に見れる珍しい時期です。
火星は2年2ヶ月ごとに地球に接近するのですが、本日が一番近づく日になります。
大きめの望遠鏡では、本体の模様と、北極の白い部分を見ることができます。
木星も縞模様が二本はっきりと見えますよ。

6月の星空です
5日 新月
11 12日 月と木星が接近して見えます。
12日 上弦の月(夕方南の空に見える半月)夜10時頃、月を望遠鏡で見るとクレーターがアルファベットのXに見える部分がある「月面X」が見られます
17日 月と火星が近づいて見えます。
18日 星空観察会 木星と月がメインです。少し遅い時間には火星と土星が見れます。
18日 19日 月と土星が近づいて見えます。
20日 満月
28日 下弦の月(明け方南の空に見える半月)

惑星の様子
木星 見頃が続いていますが今年の木星はそろそろ終盤になってきました。望遠鏡では縞のうねりなどが見える時もあります。
火星 冒頭でも書きましたが、22ヶ月ぶりに接近しています。本体の模様なども観察できます。

土星 夜10時頃には南東に見えてきます。輪が傾いていますのでカッシーニの空隙を見るチャンスです。夏に向かい、早めの時間に見えるようになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿