日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2014年8月8日金曜日

森林文化アカデミーで「獣害対策」のワークショップが開催されます

先日もお伝えしましたが。獣害が日に日にひどくなっています。
このたび、美濃市にある「森林文化アカデミー」にて、獣害対策のワークショップが開かれるとの情報を得ましたので、お知らせします。
興味のある方はどうぞ。

【先着順!】「サルの「ウンコ」が山村を救う!?糞からはじめる獣害対策」
ワークショップのお知らせ


サルに毛づくろいをしてもらったり、サルが食べてる虫を食べてみたり、サルと同じ目線で調査研究をしてきた理学博士の布施未恵子さん(神戸大学農学研究科地域連携センター)をお招きして、地域の方々を巻き込んだサルの獣害対策の現状や、糞の中のタネを使ってその地域にあったサルの森をつくることで獣害を減らしていこうという新たな試みについてのお話を伺います。また会場では実際にサルの糞を分析しそこから見えてくるオモシロい事実を体験してもらう予定です。知っているようで知らないサルの生態やウンチの話を聞きながら、長い目で見た野生動物との共生についてカジュアルな雰囲気で考えてみたいと思います。(ドリンク付き) その後、20:30からは交流会も予定しています。(別途実費かかります)また当日の夜の宿泊も可能です。(シーツ代1000円。定員あり)

野生動物や獣害問題に興味のある方

日 時 2014年 9月22日(月)18:30〜20:00
会 場 岐阜県立森林文化アカデミー(岐阜県美濃市曽代88番地) HP:www.forest.ac.jp
対 象 野生動物との共生や獣害問題に興味のある方
参加費 ひとり1000円(ドリンク付き) 当日受付にてお支払いいただきます。
共 催 森林文化アカデミー/日本エコツーリズムセンター 

<スケジュール(予定)>

18:00〜  受付開始
18:30〜  開講
18:40〜  プレゼンテーション「サルと私と獣害問題(課題)」
19:10〜  ワークショップ「ウンチから見えるサルの世界」
19:50〜  質疑応答・アンケート
20:00〜  終了(予定)

<交流会> 別途実費かかります(皆で実費を割勘する予定。ひとり1500円程度かな。希望者は申し込み時に要予約)

20:30〜  交流会(希望者のみ。宿泊も可)@ 森林文化アカデミー内

<宿 泊> 当日は遅くなりますので(特に遠方の方は)コテージに宿泊することも可能です。
      ひとりシーツクリーニング代として1000円いただきます。
      宿泊人数には限りがありますのでお早めにお申し込みください。(12名程度。先着順)


<申し込み方法> 
日本エコツーリズムセンターのHPからお申し込みください。
(近日中に申し込みページがアップされる予定ですのでしばしお待ちを!)
HP

インターネットからの申し込みが不可能な方は、
①氏名(ふりなが)②住所 ③連絡先(携帯が望ましい)④性別 ⑤年齢 ⑥メールアドレス
⑦所属先 ⑧交流会への参加の有無 ⑨コテージ宿泊の有無
を明記の上、ファックスにてお申し込みください。 ファックス:03-5834-7972(日本エコツーリズムセンター) まで

<お問い合わせ>
申し込みに関するお問い合わせ:03-5834-7966

<定員&締め切り> 
先着30名程度を予定。

0 件のコメント:

コメントを投稿