日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2014年8月18日月曜日

どうする?! 多良の空き家対策


先日、総務省の「住宅・土地統計調査」で空き家率が過去最高の13.5%と発表されました。
10軒に1軒強は空き家ということです。

はたして多良地区はどうでしょうか?

今は住む人がいなくても、その昔はたくさんの家族がその家で暮らしたりっぱな家。
このまま朽ち果てさせるのは惜しいと、岐阜県立森林文化アカデミーの建築科の学生さんである遠藤比路子さんが現在、西山地区で空き家の調査・研究をされています。

遠藤さんは昨年、多良地区で行われた聞き書き活動に参加され、そのときに西山地区を歩いて、とてもりっぱな家が空き家になっていることに驚かれたそう。

現在は自治会の許可を得て、空き家の持ち主にアンケートをお願いして回収。また、空き家の持ち主に対してインタビューをされています。

秋にはその結果が発表されるもよう。

今後の過疎化対策・移住、定住問題も含めて、おおいに期待されるところです。

0 件のコメント:

コメントを投稿