日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2012年7月11日水曜日

合歓(ねむ)の花

おはようございます!
ほんとうに暑くなりましたね。
さきほど近所に散歩に出かけてきました。
近所といっても50メートルも行けば、そこは山!なのですが・・(^^;)

昨日崖っぷちにとても美しい合歓の花が咲いているのを見て、ぜひカメラに収めたくて行ってきました。合歓の花が咲いている所は、「牛の首」と呼ばれている山の崖っぷちにあたります。

合歓の花は細かい針のような花弁(?)の先がほんのり薄紅色に染まって、夏の盛りの時期に可憐な花を咲かせます。以前はここで見ることはなかったので、おそらく種がどこからか飛んできたのでしょう。わたし的にはこんなお客様は大歓迎なのですが、どうか、夏の清掃活動で伐られることがありませんように・・
しかし、ほんとうにここの崖は植生が豊かです。

田んぼに植えられた苗もずいぶん育ちました。
獣害にあうことなく、すくすくと育ちますように・・

ご近所さんの畑の所から撮らせていただいた笙ヶ岳です。
養老山脈の最高峰。
私たちははるか昔から笙ヶ岳に見守られてきたんだなあ・・


金魚草(?ってうちの家族は呼んでましたが、正式な名前は違うかも)にユキノシタ。ユキノシタはこのところのあまりの暑さに花がだいぶ焼けてます。日陰の湿ったところに咲く、白い可憐な花です。

みなさんのご近所には、どんな花が咲いているのでしょうか?




0 件のコメント:

コメントを投稿