日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2012年7月5日木曜日

多良地区 獣害対策について

夕べは鼻水が一晩中止まらず、睡眠不足でイライラ。おかげで今日は1日体がだるく、おかげで思考もマイナス志向。おまけに盆踊りの件で連合自治会の定例会に行こうと思ったら、車がバッテリー上がっちゃって使えない。もう、最悪のコンディションでした(><;)

定例会で自治会長さんたちに先日復元された「多良音頭」のCDを聴いていただきました。中には口ずさんでいる方もおられ、覚えていらっしゃる方は多いようで、期待が持てます。
盆踊り本番(8月14日)までに、一度みなさんに集まっていただき、踊りの振りを練習する予定。
少しでも踊りを覚えておられる方、知らないけど、踊ってみたいという方は、地域振興事務所の三輪幸治さんまで連絡を!

このあと、獣害についてのお話があったので、引き続き出席。
前公民館長の三輪さんからわかりやすくお話があり、時・一之瀬・牧田ではすでに勉強会も開かれており、獣害に対する補助金を受けるには多良地区もそのための団体を組織しないといけないので、まずは勉強会を開催してはという提案があり、各自治会で周知していただくと同時に勉強会も開くことになりました。

うちは農地はありませんが、ついこの前、家に帰る途中、目の前に飛び出してきた鹿にぶつかりそうになりました。家まであと数百メートルというところです。
獣害は田畑だけではありません。
車にぶつかられたら、車が大破します。
息子の友達もぶつかられて大変だったとか・・

自治会によっては補助金をまっとれんから自分たちでという所も出てきているそう。
多良は西の山から東の山まで広範囲にわたり、多良の中でも地域格差がありますが、まとまってやればもっと大きな力が出るはず。

獣害はもはや、地域全体の問題です。
大垣市や岐阜県にも実情を理解していただけるよう、みんなの声を届けましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿