日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2015年6月2日火曜日

カフェあめんぼ「春の音宴」と美しい手毬の世界

こんばんは。

クマさんですが、昨日からずっと三重と岐阜の県境のあたりでうろうろしているもようです。
どうぞ、人里に出てきませんように・・
境を越えず、山の彼方でおとなしくしててほしいです。

早くクマ騒ぎ、収束してほしいですね。

さて、昨日は緑の村公園前にある「カフェ あめんぼ」で「春の音宴」と題してミニライブが行われました。和太鼓・ジャンベ(アフリカの太鼓)・カリンバ・ヴァイオリンそしてなんと、ちんどん屋さんまで登場。実に楽しいひとときでした。
ピザも美味しかったです。

最後は神楽まで。
まさに獅子奮迅・八面六臂の活躍ぶりでした。


           ジャンべ・カリンバ・和太鼓のセッション
           抽象絵画を音楽にしたような不思議な世界


            あめんぼの対象・雨宮さんがこの日はちんどん屋に・・
            主役はやっぱり大将でした。


                しっとりとしたヴァイオリン。
                ケルティックな響きにみんなうっとり

                次回もまたあると嬉しいですね(*^_^*)

     さて、今日は午後からJAにしみの多良支店の2階で行われている
    手毬の会におじゃましてきました。

     手毬は日本独自の伝統文化だそう。
     最初に基礎となる球体も手作り。
もみ殻を入れた袋に毛糸をぐるぐるまきつけ、あっというまに球ができあがります。
   
球体は市販のものもあるそうですが、手づくりの方が温かみがあってよいとのこと。
私も触らせていただきましたが、フカフカで、ほんのりあたたかかったです。
   

              
             基礎の球体が完成
             これに角度を測って、思うような形になるよう、糸を巻いて行きます。


これまで作り貯めて来られた手毬の数々。
実に繊細で美しいです。


糸の種類も豊富♫




          女性は美しいものが好き
          クリエイティブなことが若さを保つ秘訣でしょうか。
         以前に地域事務所のギャラリーを飾られたこともあるそうです。

         手毬教室 毎月第1火曜 午後1時半~
         JAにしみの 多良支所で開催中です。


中央 前列右から二番目が先生の川瀬満(みつる)さん
生徒さんは現在、多良の方ばかりだそう

みなさん、いつまでもお元気で
美しい手毬を作り続けてくださいね。




0 件のコメント:

コメントを投稿