日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2015年3月11日水曜日

Remember 3.11

こんばんは。
Good evening

Rememberと書きながら、スペルはこれでいいのかと記憶がかなり怪しいなずなです(^_^;)

東日本大震災から4年が経ちました。
あの日、私はその時刻、取材を終えて車でうちに帰る途中でした。
家にいた主人は揺れたようなことを言っていましたが、私は気づきませんでした。
その後のニュースで大変なことがおこったことを知りました。
津波による被害、原発事故による被害。
多くの命が奪われ、多くの人々が住む場所を、故郷をなくしました。

今日は朝から、多くのメディアが東日本大震災を話題にしています。
復興支援やその後の東北のことを話題にしています。
しかし、本当に何を風化させてはならないのか。
何をこれから未来に伝えていかなくてはならないのかを、明確に報道しているところは少ないように思います。

私は「東日本大震災」で、いかに自分たちが危うい立ち位置であるかを自覚しました。
電気がなくては暮らしていけない生活。
その多くが原発エネルギーに頼っていること。
原発は決して安全とはいえないこと。
ひとつ歯車が狂えば、幸せな日常なんて簡単に吹き飛んでしまうこと。

農村への回帰
いなかの良さ、畑があって田んぼがあって現金収入が少なくても「半農半x」で暮らしていける可能性があるということをあらためて自覚したのも、震災以後だったように思います。

人が、人として、人らしく暮らしていくにはどうすればいいのか。
それぞれが東日本大震災から学んだことをきちんと伝えていかないと、失われた命に対して申し訳がたたないのではないでしょうか?

失われた命とは、人間に限りません。






0 件のコメント:

コメントを投稿