日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2015年3月27日金曜日

悲しかったこと

こんばんは。
連日の遠出でかなりまいっていますが、ひと山越えることができました。
今日も松阪はとっても良いお天気でした。
素敵な場所、素敵な方々に会うことができました。

ところで、昨日、とっても悲しかったことがありました。
うちの門前に南天の木が生えていたのですが、知らない間にだれかによって勝手に伐採されておりました。
私が生まれる前からそこにあった南天の木が見るも無残に根こそぎ切られておりました。
いったい、どこのだれがどのような理由でこのような行為をしたのでしょうか。

たとえ木とはいえ、よそのうちの木を勝手に切るのは許されることではありません。

とても悲しいです。

私は木や花や草が好きです。

忙しいのでなかなか手入れも行き届きませんが、今も美しく庭に咲いている梅の花を見ると心がなごみます。
私は草一本生えていない庭よりも、適度に草花が生えている庭の方が自然で好きです。

亡き父も庭にはけっこう思い入れが深かったように思います。今ではもうなくなってしまいましたが、庭の真ん中に築山を作り、ツツジや木瓜、カエデなどを植えていました。

そのころはまだ自分も小さかったので、特になんとも思いませんでしたが、今では懐かしく思い出されます。

二度とこのようなことが起こらないように望みます。



0 件のコメント:

コメントを投稿