日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2012年9月8日土曜日

初秋の宵、時山の手筒花火に酔いしれて・・

夕方になり、ようやく雨もやんだので、知人に教えてもらった時山祭りに初めて行ってきました。

時山は上石津の最奥、その昔、壇ノ浦で敗れた平家の落人が隠れ住んだ所と伝えられています。今回の祭りも、落人と地元の人びととの融和をはかることが目的で始まったとか。

 
木で造られたやぐらはとても立派。生唄にあわせて江州音頭を踊ります。
立命館の学生さんたちも参加して楽しそうでした。
 
 
 
祭りの場所は、時山の八幡神社」境内。
 
花火が呼び物のお祭りなので、消防車や消防団が待機していました。
 
なんといっても圧巻は、竹の巨大パイプのようなものに火薬が詰められ、点火される手筒花火。
これは本当に見事。
夜空に花開く華麗なスターマインもいいけれど、こうした素朴な花火は、純粋に火花の美しさを間近でみることができてとてもいいです。
 
 
最後は本殿の前で、ナイアガラ。
 
多良の方々にも会いました。去年見に来てよかったので、また今年も来たそうです。
 
小さなお社に炎の花が舞う祭典。
末永く続けて行ってほしいものですね。
 
 
 
 
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿