日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2017年1月2日月曜日

1月の星空だより

年が明けて二日。
今日は箱根駅伝ですね。
このおもしろさは順位が大幅に入れ替わるということ。
十数人ごぼう抜きとか、途中、ものすごい大逆転劇が繰り広げられ、最後までなかなか勝負がみえないということでしょうか。
それになんといっても、「天下の険」と呼ばれる箱根峠を青年達が歯を食いしばりながら越えて行くことの感動。
ついつい見入ってしまいますね。

さて、多良星空クラブの吉田さんからメールが届きましたので、ご覧ください。

明けましておめでとうございます。
多良星空クラブの吉田です。本年もよろしくお願いします。

今年は特別な天文現象は88日の午前2時半頃から起こる部分月食くらいです。
月の四分の一ほどが欠けます。夜中ですが、お子さんは夏休みなので観察に挑戦されると良いかもしれませんね。
その他では三大流星群ですが、一つ目は「しぶんぎ座流星群」ですが、明後日が極大となります。北の空を北斗七星が上ってきますが、そちらの方面を中心に観察していただくと、一時間に数十個の流れ星が見れる可能性があります。二つ目はペルセウス座流星群で812日、13日頃が極大です。三つ目はふたご座流星群で1214日頃極大になります。

去年の第三土曜日の観察会は満月の頃が多く、星がたくさん見えなかったのですが、今年の第三土曜日は月が無い時が多く、晴れればたくさんの星を見ていただけそうです。

惑星は、木星が3月頃から8月頃まで、土星は5月頃から10月頃まで見れそうです。

1月の星空です
2日 夕方の西の空で細い月と金星が近づいて見えます
3日 しぶんぎ座流星群が極大 月と火星が近づいて見えます
6日 上弦の月(夕方南の空に見える半月)
12日 満月
20日 下弦の月(明け方南の空に見える半月)
21日 星空観察会
28日 新月

惑星の様子
金星 夕方南西の空で明るく輝いています

0 件のコメント:

コメントを投稿