初夏へ

初夏へ

2016年12月1日木曜日

12月の星空だより

こんにちは。
毎日寒い日が続いていますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

昨日は仕事で、今月二度目の上京となりました。
帰りに東京駅の丸の内にできたキッテ丸の内につくられたツリーを見てきました。
本物のモミの木で造られたツリー。
きらきらしてとっても綺麗でしたよ。


さて、こよなく星を愛する吉田さんから12月の星空だよりが届きましたよ。


こんばんは。多良星空クラブの吉田です。

関東では雪が降るなど本格的な冬の便りが聞かれましたが、上石津では今のところまだそこまで寒い日は無いように思います。
それでも、多良峡では最近までとても美しかった紅葉がもうそろそろ見納めです。

寒いのが得意な人は少ないでしょうが、冬の夜空には多くの明るい星があり、オリオン座などの有名な星座も見ることができます。
よく晴れた晩にはちょっとの時間でも夜空を見上げてみてくださいね。
ただし、防寒対策は万全にしましょうね。

12月は三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」があります
今年は13日の晩から14日の明け方にかけてがピークだそうです。
当日はふたご座の少し上(西)に満月前の大きな月があり、条件としては良くありませんが、毎年コンスタントに見れる流星群ですから、いくつかは見れるかもしれませんね。

12月の星空です
3日 夕方の南西の空で三日月と金星が並んで見えます
5日 夕方の南西の空で月と火星が並んで見えます
7日 上弦の月(夕方南の空に見える半月)
13日~14日 ふたご座流星群が極大 
14日 満月
17日 星空観察会(冬の星座等)
21日 下弦の月(明け方南の空に見える半月)
29日 新月

惑星の様子
金星 夕方南西の空で明るく輝いています19時半頃には地平線に沈みます
火星 夕方南西の空を金星の後を追うように通っていきます
水星 11日に東方最大離角となり、夕方の西の空で見ることができます

0 件のコメント:

コメントを投稿