日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2014年6月23日月曜日

多良の滝めぐり

夏といえば、皆さん、何を思い浮かべるでしょうか。

たとえば、滝なんかいかがですか?

このあたりで最も有名な滝は、なんといっても孝行息子の気持が天に通じて水がお酒に変わったと伝えられる「養老の滝」。もっとも、この伝説のもとが、「養老の滝」なのか、「掬水泉」なのかは古来、意見のわかれるところであります。

さて、それはさておき、養老と鈴鹿の山並みに挟まれた多良は実は滝の名所。
そして、この滝の写真を撮影されているおじいちゃんたちがいます。
その方が撮影された写真が、多良公民館の中に飾られています。

西山 白ウナギが住んでいるという伝説の桂の滝


西山 幾里 石小屋の滝


阿弥陀滝(前ヶ瀬)
郡上にも同じ名前の滝がありますが、神々しい物に対して思わず手を合わせたくなるという感覚は
同じなのかもしれませんね。

大洞谷 三の門(上原)

佐谷 二の門(前ヶ瀬)

この中で私が行ったことがあるのは「桂の滝」だけ。
昨年、岐阜新聞で紹介させていただきました。

80歳近二人は険しい谷もなんのその。
すばらしいバイタリティです。

秋になったら、阿弥陀滝には連れて行ってもらう予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿