日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2014年6月13日金曜日

時の「えぼしハーブ農園」を訪問

先日、新聞やFBでも紹介されていた、上石津町時地区にある「えぼしハーブ農園」さんで、オーナーの三輪雅子さんのお話をうかがってきました。

烏帽子岳を背景に、黒ニンニクの世話をする雅子さん


中国四川省の出身である雅子さん、ほんの一握りのピーマン畑から始めた農園づくりは、ハーブの一種であるエキセナアに出会って以来、加速度を増し、今では自宅のある上(かみ)地区周辺の耕作放棄地をいくつか借りて、カモミールやエキセナア、ニンニク、オレガノ、ローズマリー、ベルガモット、ラベンダーなどのハーブを中心に栽培しています。
              
                

一面のカモミール(カミツレ)畑
6月20日ごろまでは摘み取りできるようです。




        
            エキセナアの一種


カモミールの一種


          巨大なアザミににたアーティチョーク
          花の部分は、サラダにして食べても美味しいそう


百日草に似たエキセナア。種類はいろいろあるようです。

ハーブには昔から薬効をうたわれているものも多く、観賞用の花としてもきれいです。
農園は数が増えてきたので、わかりやすいように番号がうってあります。
見学者には雅子さんが案内してくれます。
「ハーブ農園を見て回ることで、時の歴史や文化などにも興味をもってもらえれば」と雅子さん。
ご主人も理解があり、草刈りなどを手伝ってくれるそう。

雅子さんのすごいところは、決断したら目標に向かって迷うことなく進んでいくバイタリティ、
そして、地元を大切に思う気持ちの強さ。
植物たちに囲まれて畑仕事をしていることが何より気持が落ち着くし、楽しいのだそう。

私もハーブに興味があるので、お話しを聞いていると楽しくて、あっという間に時間が経ってしまいました。



凍らせたフルーツほおずきは大変美味♫
もうすぐ、「あめんぼ」さんにも出るようです。

見学のみ300円
見学&ハーブの摘み取り 1,000円
どちらもハーブティがつきます。

自家製ニンニクや黒ニンニクの販売もあり。

基本は午前中ですが、都合が合えば午後の訪問もOKだそう。

連絡先
三輪雅子さん
090-1727-5053まで
上石津町時地区の上(かみ)

時山方面に向かって右側に看板有
明覚寺近く

0 件のコメント:

コメントを投稿