日本の原風景 レンゲ田

日本の原風景 レンゲ田

2012年4月25日水曜日

時地区のブログ「えぼしの里だより」さんをご紹介

いまだにブログの設定がよく呑み込めず、リンクの登録で四苦八苦しております。個人的にはほかに二つのブログを開設してるんですが(どっちもなかなか更新できませんが(^^;))、サイトによってやり方が全然違うので、慣れるまでけっこう大変です。

今日は、同じ上石津町内で早くにブログを開設され、、日々更新中の時地区「えぼしの里だより」さんをご紹介。http://ameblo.jp/eboshinosato/


時のシンボルともいえる烏帽子岳、その麓に広がる時地区は古くから伊勢(三重県)や江州(滋賀県)とも交流の盛んな地域でした。
現在地区をあげて、ふるさと起こしに取り組んでおられます。

私は母の実家が現在のいなべ市北勢町の川原という所だったので、子供のころは時まで行って、丸一商店さんの前から三重交通のバスに乗って阿下喜(あげき)まで行き、そこからさらにバスに揺られて川原の終点まで行ったものでした。
また、父親も長いこと時の学校で教員としてお世話になっておりました。
ですから、とても親しみを感じます。
小学校で教えていただいた先生も時地区の方が何人かおられました。

時・多良・一之瀬・牧田にはそれぞれの良さがあります。
それを生かして故郷を元気にしていきたいものですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿